三井ホーム チューダーヒルズ 坪単価

三井ホームのチューダーヒルズの坪単価はいくら?

三井ホームでは商品のラインナップも豊富に用意されており、好みや予算に応じて自由に商品を選択することができます。

 

豊富に用意されている商品の中でもひときわ目をひく「チューダーヒルズ」。

 

チューダーヒルズは、イギリスの伝統様式の住宅を再現されているモデルで、2タイプの外観が用意されています。

 

白いトリミングを施した大型のケースメントウィンドウが特徴的なパラディアンタイプは、伝統様式を取り入れつつ、モダンな雰囲気が感じられる住まいです。

 

もう一つのタイプとなるティンバータイプは、伝統的なハーフティンバーと塗り壁とレンガタイルのツートンの外壁が印象的です。

 

また、三井ホーム独自となる屋根構造材のダブルシードパネルによって、小屋裏にロフト空間をつくることで様々な用途に利用することも可能となりました。

 

どちらも急勾配屋根で独特なシルエットが特徴的ですが、現在このチューダーヒルズで検討されている場合は、建築費用や坪単価も気になるのではないかと思います。

 

HP上で掲載されている外観などをみるだけでも、さぞかし建築費用が高いだろうなぁ、、、という印象を受けます。

 

レンガだけでも結構お金がかかりそうですよね、、、。

 

このチューダーヒルズの発売が開始された当時の情報となりますが、販売価格は5,338万円と記載されてありました。

 

76坪のプロトプランとのことで、単純に計算すると坪単価は約70万円となります。

 

ただ、実際は70坪ほどの大きさで建てる方はごく一部ではないかと思います。

 

当然、建て坪が小さくなると坪単価は高くなりますので、30〜40坪ぐらいの大きさで建てようとすると、かなり坪単価が高くなることが予想できます。

 

また、建て坪が小さくなると、見た目を大きく左右する外観の印象も異なってきますので、チューダーヒルズらしい雰囲気をしっかりと出せるのかも気になるところです。

 

個人的には住宅街で建てる場合に、周囲の建物と調和するのかも気になるところですが、広い土地があり外構もこだわったり、別荘地で建てることを考慮すると、チューダーヒルズの良さが出しやすいのではないかなぁと思います。

 

 

三井ホームしか検討していない方は要注意

 

合わせて読みたい記事>>[知らないと損をする]失敗しないハウスメーカーの選び方

page top